ぃょぅR日記


by iyouR

<   2008年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

きしおーぃょぅ

b0004325_12893.jpg

GIMPでかいてみた
意外とよいですね。
[PR]
by iyour | 2008-06-24 01:29 | ひとりごと | Comments(29)
じっさいパープルは2期ばっか聞いてるのでホントは全レビューなんて出来ないんですががが

Shades of DEEP PURPLE ☆☆ハッシュ
ハッシュは良いけど・・・ねえ。

The Book of Taliesyn ☆☆詩人タリエシンの世界
ちょっと冗長というか退屈というか。クリムゾンみたいなテンションに欠ける

Deep purple ☆素晴らしきアート・ロックの世界
同上

Deep Purple in Rock ☆☆☆☆☆ド迫力
ドローザライン並の勢いがSpeedKingにはあると思います。

Fireball ☆☆☆☆狭間
ちょい地味な印象だが良作

Machine Head ☆☆☆☆☆名盤
音がこもってますね。これがホテルの廊下の音か!

Who Do We Think We are? ☆☆ナニサマ?
んーちょと印象薄い。2期パープルで最後に聴く盤ですにゃ。

Burn ☆☆☆☆紫の炎
アルバム自体ちょいハードロックからずれてファンキーよりですが、なんつーてもタイトル曲が超かっけーので名盤。まさに様式美。

Stormbringer ☆☆嵐の使者
これも聴かないなあ・・・リッチーギターもぱっとしないし。

Come Taste the Band ☆☆☆
リッチー先生脱退でスルーしてましたが、意外といいアルバムです。パープルと思わなければですが。
2期の成功はパープルのほかの可能性を根こそぎ奪ってしまったわけですにゃ。

Made in Japan ☆☆☆☆☆
日本録音盤が世界で好評価、ってのはなんか嬉しいものですね。ブラックナイトでのギランとリッチーの掛け合いが印象的ですね。

California Jam 1974 ☆☆☆☆Burn!
ホントに燃やすのか

Perfect Strangers ☆☆☆ ゾンビパープル開始
久々の2期。これ以降ゾンビのようにパープルは存続していきますね。正直、「ディープ・パープル」は終わっていると思いますが。このアルバムはもっとヘビーな音だったらなーと思います。最近のラウド風の音なら。

The House Of Blue Light ☆☆☆ゾンビ2弾
なんかポップメタルっぽい曲調な?それはそれで面白いのですが。

Slaves And Masters ☆☆レインボーω
イアンギランが抜けてジョーリンターナーに。なんだか気の抜けたサイダーな感じです。なんでこんなに力のないボーカルなのか。むう。

The Battle Rages On -ありゃ、もってなかった!
紫の聖戦

Purpendicular ☆☆紫の証
リッチー抜けてスティーブ・モースに。ここから新しいパープルになりますすね。ちょっとイイです。でもかっ飛ばす曲がないなあ。

Abandon ☆
前作ほど気合が入ってない・・・なんかリフがつまんなーい。ミドルテンポの曲ばかりで退屈。モースも遠慮してる感じ?

Bananas ☆☆☆脱力ジャケ
5年ほど前に見に行ったのがBANANAツアー。さすがに老けてんなあ。アルバムはメンバーもなじんできたのか、なかなか高クオリティです。けど。キラーチューンがないですにゃぁ。

Rapture Of The Deep ☆☆☆最新作
課題(ω)だったリフもパープルっぽくていい感じです。地味にいいけどやはりガツンとくるナンバーを所望したいですねぇ。
[PR]
by iyour | 2008-06-11 22:33 | CD | Comments(0)
レインボー
いまのレベルでは「速くない」かもしれんぐゎ。でもリッチーこそがギターヒーロなのですよ。

ManonTheSilverMountain☆☆☆銀嶺の覇者
なじんでない感じでしょうか?次のRisingに比べるとやはりイマイチ感ががが

Rising☆☆☆☆☆虹を翔る覇者
派手な曲はないけど名盤ですよね?

OnStage☆☆レインボー・オン・ステージ
ライブはちょっと伸ばしすぎでタルぃかも。

Long Live Rock'n'Roll☆☆☆☆バビロンの城門
長生きロックンロール、王を殺せ、がステキだろう!

Down to Earth☆☆ダウン・トゥ・アース
横山のやっさんがボーカルですね、わかります。歴代レインボーカリストで唯一リッチーが納得する声だったとか。髪を伸ばさなかったのでクビだとか。

Difficult to Cure☆☆アイ・サレンダー
このジャケットに「アイサレンダー」ってタイトルじゃわからんだろーが!

Straight Between The Eyes☆闇からの一撃
アメリカで売れたくてポップ路線を邁進するわけだ。ううむ。

Bent Out of Shape ☆☆ストリート・オブ・ドリームス
POP路線の極みアーッ
ギターおっちゃんのォィラ達には微妙すぐる

Finyl Vinyl ☆ファイナル・ヴァイナル
よくわからん。ベスト盤?初期の曲が無いし。

Live in Germany☆☆☆ 1976ライヴ・イン・ジャーマニー1976
「伝説」のライブらしいです。確かにリチー先生、よい弾けっぷりですにゃ。

Stranger in Us All☆☆孤高のストレンジャー
ブックオフの激安コーナーで偶然発見。こんなの出てたんだ。後ろジャケのメンバー写真の顔色の悪いことω曲は悪くないがどーにもボーカルがショボィんでねか?
[PR]
by iyour | 2008-06-10 22:13 | CD | Comments(0)